2012年06月28日

放射線治療 2回目

今日はリティの放射線治療2回目の日です。
ダンナが会社を早退して麻布大学の獣医に連れて行ってくれてます。
ほんとは診察は16:00までで放射線を受けるのに15:00までに入って
欲しいらしいけど遠いから間に合わないということで15:30〜16:00までで
入れてくれました。実際、15:45位にお預けしてきたみたいです。

私はバイトがあるので今回と次回はダンナにお任せです。
ダンナが一人で待ってるとつまんないっていうので今回はルチアを
お供に連れて行きました。
DSC02415-1.jpg
お出掛け好きなルチアで一石二鳥と思ったら途中でダンナから
「ルチアが吐いた」って・・あせあせ(飛び散る汗)車酔いしないルチアなのでちょっとイヤな感じ。
でも時間に間に合わなくなるのでどうしようもなくそのまま連れて行きました。
あちらに到着してからは元気みたいなので大丈夫かなぁ・・・
18:00ちょっと前に終わったから帰るってメール来ました。

私はバイトが終わって帰ると残っているワンコが少ないのでちょっと寂しい。
実はエルモもやんごとなき用がありまして1週間いないんですよ顔(泣)
6WANが3WANしかいないと静か過ぎて物足りない感じ。
ふつうのお家なら3WANいれば十分なんだろうけどね犬(笑)


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村

ニックネーム かおり at 18:49| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

リティのお気に入り

リティの最近のお気に入りの寝場所は玄関です。
毎年夏になるとひんやり冷たい玄関の大理石の上で寝ています。
今年はちょっといつもより早い気がしますがなんせ玄関なので
汚れてしまうので2〜3日おきに雑巾がけして綺麗にしています。
DSC03140.JPG
夜も一緒にベッドで寝ていても暑くなるとこの場所に涼を求めて
移動しているようです。

家の獣医さんは癌に関してのサプリメントは全く信用していないようで
やりたければ勝手にやってのスタンスです。確かに色々検索しても
いいことしか書いてないしそんなんで直ったら皆直っているよねって感じ。
でも気休めでも何かしたい。とりあえずこれだけやってます。
DSC03150.JPG
D-フラクション。

それと先日、ワンコの事はワンコのプロに聞こうと経験のある人に教えて貰ったこの2品。
DSC03143.JPG
イムノブロンAHCCとイソフラボンマックスGCP。
AHCCはきのこの免疫力を上げる効果を求めて、GCPは癌への栄養を送る
血管を阻害する働きがあるそうです。
放射線や抗がん剤の副作用を抑えたり薬の効果を上げるようにも働くらしい。
AHCCは錠剤もあるけど家の子は喉が狭まっているので粉薬の方を頼みました。
GCPはカプセルに入っているのでカプセルから出しています。
ただすごく苦いらしくそのままではあげれないのでa/d缶に混ぜてあげています。
果たしてどれくらい効果があるのかないのかわからないけど・・・


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村

ニックネーム かおり at 12:18| Comment(2) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

放射線治療の料金

三日連続で病気の話ですみませんあせあせ(飛び散る汗)
ダンナにもシリアスすぎるって言われちゃいました。
まだ冷静に書けるうちにお伝え出来る情報は書いてしまいたいと思って・・・

もしもの時に備えてワンコ貯金はしておいた方がいいですね。
とりあえず私はワンコの為にバイトをしているので何とかこの方法に
踏み切ることは出来ました。放射線治療は出来る場所も限られているし料金も高いです。
今回1回目としてかかった費用です。
初診料     4,500円
診察券      210円
CT検査    42,000円
放射線量計算 21,000円
放射線治療  63,000円
病理組織検査 14,000円
血液検査    3,780円
レントゲン検査 4,800円
CT造影検査   3,360円
合計で156,650円になりました。
検査は必要な所しかしていません。それでもこの料金です。
次回からは検査料金はかかってきませんが次回から免疫を上げる薬を
追加してもらうつもりなので7〜8万位ですかね?
家がかかっているのは大学病院なので高度医療センターみたいな所だと 
もっとかかるみたいです。

色々考えるとしんどくなるのでなるべく考えない様にしています。
そんな時、癒しになるのは同じトライカラーのエルモ君。
DSC03097.JPG
ママ〜グッド(上向き矢印)
DSC03106.JPG
ほら見て、おもちゃ〜かわいい
この子供っぽさとキョトンとした表情に癒されています。


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村

ニックネーム かおり at 11:41| Comment(2) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

今後の治療方針

リティを病院に預けてお供の2WANを雨の降らない内に遊ばせて連絡を待ちます。
DSC03118.JPG
何も知らない(わからない)ルチアは無邪気に遊びます。
途中から雨が強くなったので車に避難して車内で遊んでいました。
14:30頃連絡を受けて病院に戻りました。

CT検査の結果、腫瘍は自分たちの思っていたより大きなものでした。
喉の中だけかと思っていましたが舌の骨を外に押し出しさらに外側にも広がって
しまっていました。右と左の舌の骨の位置がまるで違います。
骨を押すほどの圧迫は痛いはずです。更に扁桃腺の周りも腫れているので
先生曰くかなり痛いと思いますよとのこと。前に来た子はよだれをダラダラと
たらしていたそうです。
この病気の子は食べなくなることから何だろうと言う事で内臓の検査をしたり
家の様に他の検査をして麻酔をかけて初めてこの異常に気付いて
大学病院を訪れるので腫瘍はこのサイズまで広がってしまうらしいです。
放射線を当てると癌の細胞を壊して栄養を届ける血管を阻害するので一時的に
増殖が止まり死んだ細胞は徐々に排除されるので一回り位は小さくなるそうです。
でも即効性がある訳ではなく1回目の治療の効果は1週間後位からなので
今まで通りピロキシカムは服用していきます。
放射線を当てる限度があるのでそれを4回に分けて毎週当てて行きます。
線量が強すぎたりすると壊死が起きたりするそうなので弱い線量で
数回に分けていくそうです。それでも時には皮膚がただれたり毛が抜けたり
声が変わってしまう副作用が出るらしいです。

今回は説明を聞く為と本当に放射線治療でいいのか決断するので
ダンナと二人で行きましたが2回目、3回目はダンナに会社を早退して行ってもらい
最後の4回目は私も一緒に行って説明や確認事項を聞きたいと思っています。
バイトもそうそう休めないし治療費が相当かかるので職を失う訳にはいきません。
現実的に考えないといけない部分もあり中々厳しいですね。

リティが元気がないので先生に聞いたら細胞を採取するのも細い針だし
放射線が痛いって事はないので精神的なもんでしょうとの事でした。
確かに沢山のワンコがギャンギャンヒャーヒャー言っていたので怖かったのだと
思います。大学病院に紹介されて来る子なんだからきっと難しい状態なのでしょう。
そんな中、外見ではまるで健康そうなリティが一番ヤバいってのが信じられないです。

今はリティの事に気がいきがちですがいつ何時他の子にも異常が
おこるかわかりません。他の子たちにもしっかり気を配らないとね目
DSC03122.JPG
ママ、ルチコもしっかり見てねかわいい


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村

ニックネーム かおり at 11:09| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

一回目 放射線治療

昨日はリティの大学病院の最初の通院日でした。
DSC03091.JPG
9:00の予約でしたが途中の道が混んでてギリギリで到着しました。
書類を書いて紹介状を渡して暫く待ちました。9:40位に呼ばれて診察室へ。
普通の診察と違ってもう検査するしかないので目の前で診察はしません。
家の獣医さんと話して状態や写真から扁桃上皮癌と言うことは間違いないと
確信しているようで検査の内容や放射線を当てた時のリスクについて話されて
同意書にサインをしました。

扁桃上皮癌は珍しいらしく診察室には今回の担当の先生の他に4名が後で話を
聞いてました。この癌はとてもたちが悪く治療をしなければ余命は1〜2ヶ月、
放射線治療をしても6〜8ヶ月だそうです。手術が出来ないので癌細胞を取る事は
不可能で放射線は完全に癌細胞を除去出来ないので残った細胞が活動して
肺などへの転移も多いそうです。それを解っての治療になります。
CT検査や組織を採るなどの検査をしてそれから放射線の線量を計算して
照射になるので3〜4時間待っていて下さいとのことでした。
リティを預けてひとまず病院を後にしました。
DSC03093.JPG
わかってはいたけどやっぱりつらい。
癌からの人間の5年生存率はワンコにとっては1年位だそうで
それは厳しいだろうとはっきり言われちゃいました。
大学病院の先生なので口下手って言うか必要な事とこちらの質問の答えを
淡々と話すだけです。特に腫瘍科は直る病気ではないのでそうなるのでしょう。

DSC03132.JPG
ママ、エルモと遊んでおじちゃんの帰りを待つのだかわいい


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村

ニックネーム かおり at 13:20| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする