2013年08月04日

子宮筋腫の腹腔鏡手術

子宮筋腫の手術後、退院してから1週間が経ちました。
昨日はダンナから大分調子が戻ってきたんじゃない?って言われました。
なんで?って聞くと退院直後はたるそうで気迫がまるで感じられなかったのが
気迫が戻って来てオーラが強くなったって言われました。
別にうちのダンナがそういうの感じる人ではないけど、私の気迫は強くて
感じるらしく昔待ち合わせしていても私が近づくとわかるって言ってました。
どんだけの気を発しているのでしょうね顔(イヒヒ)

それでも日によって頭が痛くなったりお腹がチクチク痛くなったり
お腹が張っていたり重かったりでしばらくはそんな状態が続きそうです。
7/24手術して翌日の夜に最後の点滴が終わりました。
nyuin2.jpeg
これが空になるのをどんなに待ちわびた事でしょう。

私の手術は腹腔鏡手術で行われました。手術自体が半年待ちだったので
その間、生理を止めるリュープリンと言う注射を月1回打ち続けたので
筋腫は生理が無ければ成長出来ないのでかなり小さくなったようです。
ダンナが見せられた筋腫は昔の写真のフィルムケースに入る位小さい物だった
みたいです。見た目ピンク色で悪い物ではなさそうと先生も言っていたそうです。
一応、病理検査には出しています。
おへそに一ヵ所、その左側に一ヵ所、パンツに隠れちゃう位下の方に
左右一ヵ所ずつ穴を開けて炭酸ガスでお腹を膨らませて器具を入れて
おへその穴から入れたカメラで内部を見ながら子宮と卵管を全摘出しました。
卵巣はホルモンを出す役割があるので残すそうです。
卵巣と卵管って1つの繋がりで存在しているんじゃないの?って思ってました。
卵巣はふたつの靭帯で片方は骨盤側にもう一つは卵管に繋がっていて
卵管側の靭帯だけ切ってしまえば卵巣の機能は維持できるみたいです。
筋腫は子宮ごと取ってしまうので再発の心配はありません。
ただ子宮を取ると膣に穴が開いてしまうのでそれを縫合しますが粘膜で
出来ているのできちんとつくまでかなりの時間を要するようです。
2〜3ヶ月位と言われました。
しかし、人体って不思議ですね、卵巣から卵が出て繋がっていないのに
それを卵管の触手みたいのが受け取って子宮まで運んでいくんですね。
今後卵巣から出た卵は受け手がいなくなったのでそのまま体内で溶けて(?)
吸収されるそうです。そうそう、手術の時にお腹を膨らませた炭酸ガスも
術後は血中に溶けてガスだけが残る事はないそうです。
術後、ガスは出ましたか?ってやたら看護師に確認されるのでおならで
出るのかと思いましたがこれは単に腸が正常に動いていくとおならが出るので
それを確認されていたみたいです。
お腹の傷は表面上はテープで止めた4つの穴ですがお腹の中では
あちこち切ったり縫ったりしているので色んな場所でチクチクの痛みがおこります。
それと炭酸ガスを入れていた関係らしいですがお腹の上(肋骨の下)あたりや
わき腹に筋肉痛の様な痛みが残っています。
術後、肩が酷く痛みましたがわき腹の神経が肩に繋がっているらしいです。
今はすごく痛む訳ではないですがチクチクやキューってなったり重かったり
特に無理してるつもりはなくてもいつもの様に家事をガーって一気にやると
しばらくして痛んできたりしてしまったって思うわけです。

7/26の朝の食事は全粥でした。
0726asa.jpeg
どんぶりいっぱい340gのお粥なんて食べれませんってどんっ(衝撃)
大体、この時はちょっと食べただけで胃が膨れてへその穴が
はじけてしまうんじゃないかって心配でした。

7/26のお昼はなんと冷やし中華。
0726hiru.jpeg
この食事から通常食に戻りました。
お粥はちっとも食べられないけど麺好きの私は全部食べちゃいそうでした。
後々膨れるお腹の事を考えて半分で止めておきました。

昨日からはほぼ通常のご飯の量を食べれる様になりました。
食べれるのに動きが制約されるってヤバいです。歩くのも前より
遅いのでワンコ散歩はまだ行けてません。家のワンコ達歩くの速いので・・
どうやって太らずにいれるかがこれからの課題です。


ブログ村に参加してます。
下ここをクリックしてくれたら更新頑張れるのだ〜犬(笑)
にほんブログ村 犬ブログ </strong>パピヨンへ
にほんブログ村